2014年11月25日

北陸(富山・石川・福井)の創業融資が3期連続で増加

富山県・石川県・福井県の北陸地域で創業者が借入れをおこしやすい環境が整ってきていることが、日本政策金融公庫の発表からもわかります。

2014年11月25日付の北國新聞朝刊の北陸経済面での記事。以下はその引用。

『日本政策金融公庫(日本公庫)の北陸三県6支店が実行した今年度上半期(4〜9月)の創業企業向け融資は、融資企業数が前年同期比10.3%増の214社、融資金額が39.4%増の21億5千万円となり、3期連続で前年実績を超えた。
民間金融機関との協調融資が2.8倍の23社に増え、金額で4.5倍の2億8300万円に膨らんだ。
業種別ではサービス業が49社(4.2%増)、飲食・宿泊業が41社(10.9%減)、小売業が30社(25.0%増)と続いた。
創業者の年齢は30歳未満が46.7%増の22社、55歳以上が12.0%増の28社となり、若者、シニアによる創業が増えているという。』

地域での創業を促すために施行された「産業競争力強化法」や政策金融公庫の「中小企業経営力強化資金」などが中小企業の資金繰りにいい影響を与えているといえるでしょう。
posted by 山内会計事務所 税理士 山内司 at 15:24| 日本政策金融公庫について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。