2014年11月21日

創業者向けの石川県の信用保証制度

前回のブログで『公庫の「新創業融資」と信用保証協会付け制度融資の違い』という記事を書きました。

石川県で創業・会社設立予定で同業種の事業経験がある方がならば公庫をお勧めしている、ということです。

参考までに、石川県の信用保証制度の一覧を。石川県信用保証協会のサイトより。
http://www.cgc-ishikawa.or.jp/system/index.html

注目していただいたいのは、「新規に事業を開始される方」のところ。

◎特別保証  「創業等関連保証」
保証限度額1,500万円、資金用途は運転資金と設備資金、保証期間10年以内

◎特別保証  「創業関連保証」  
保証限度額1,000万円、資金用途は運転資金と設備資金、保証期間10年以内

◎県制度保証 「創業者支援融資保証」
保証限度額2,000万円、資金用途と保証期間は運転資金5年以内、設備資金7年以内


借りやすさ、保証限度額の点で考えると、やはり公庫のほうが有利かな。
あとは金利、事業経験次第ということか。

(特別保証とは、国の施策による特別保証。原則として普通保証とは別枠で利用できる。 信用保証料も軽減されている。
県制度保証とは、石川県及び県内市町村との連携による保証。 低利・固定の融資利率であり、信用保証料も軽減されている。)

posted by 山内会計事務所 税理士 山内司 at 12:20| 民間の銀行からの融資対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。