2014年11月19日

公庫の「新創業融資」と信用保証協会付け制度融資の違い

会社を設立したばかりの人や創業者が借りられる融資は、大まかに言って、日本政策金融公庫(公庫、国金)の「新創業融資」と信用保証協会の保証を付けた民間金融機関の「制度融資」の2種類と思ったほうがいいでしょう。

では、この2者の違い、それぞれのメリット、デメリットは?

(制度融資は各都道府県ごとに差異があり、かつ、いくつもバリエーションがあるので一概に比較できないのですが、それをご承知おきください。)

審査期間、申込みのしやすさでいえば公庫の「新創業融資」が勝ると言えるでしょう。
制度融資は窓口である銀行等と信用保証協会の2か所の審査を受けるので、どうしても時間がかかります。(窓口としては銀行等の1か所ですが。)

申込みできる人の条件で見ると、どうでしょうか。
創業後の申込み期間についていえば、公庫のほうは「開業前または事業開始後2期まで」と明確にされていますが、制度融資は都道府県によって条件が違うので、何とも言えません。

事業経験については、公庫は6年以上の事業経験などけっこう細かい縛りがあるので、制度融資のほうが勝っている場合が多いでしょう。

自己資金や融資限度額については、公庫の「新創業融資」は最大で自己資金の9倍かつ3000万円まで融資が可能と、かなり嬉しい条件です。
公庫のほうがすぐれている場合が多いのではないでしょうか。


私の地元、石川県の場合であれば、起業予定の業種で勤務経験がほどほどある方がならば、私は圧倒的に公庫をお勧めしています。

創業融資を希望する方は、お住まいの都道府県の制度融資を調べたうえで検討してみてください。
posted by 山内会計事務所 税理士 山内司 at 20:13| 融資・借入れの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。